カテゴリ:こゆるぎ



2020/06/25
入梅と同時に、ウンカ(チャノミドリヒメヨコバイ)が文字通り雲霞の如く、茶畑に飛翔します。 農薬防除しない茶畑の2番茶芽は、ことごとく吸害に遭い縮れて枯れてしまいます。 でも、その芽を摘んだ茶葉で作る紅茶は、独特の香気(蜜香とも)を持つ紅茶になります。 上の写真は、酸化発酵中のもので、イベント用に摘んだ手摘みの手揉みです。...
2020/06/09
今年のこゆるぎ紅茶はとても好評です。 皆様のお陰で新しい工房での製茶となり、よりよい環境の中でよい紅茶が作れました。 上の写真は、春摘みのFlower moon-02です。満月の翌日の摘採製茶です。 ダージリンのような香りだった為、茶葉のサイズを整えず切断せず、大きい葉っぱのままです。 5分以上蒸らしてください。...
2020/05/14
今年はたくさん生産しました。 毎回同じように作っているつもりでも、 平凡なものからダージリンの香りがするもの、烏龍茶のような花の香りがするもの、 ソムリエのように上手に言葉で伝えられませんが、釜ごとに個性豊かで随分違います。 満月の日の紅茶は、数年前の同じ満月の日の紅茶の香りがしました。 こゆるぎ紅茶の仕上げ加工にあと少しかかります。...
2019/12/08
来春の工房カフェ店舗OPENに合わせて、如春園のロゴと商品パッケージが大きく変わります。 現行のパッケージシールが無くなり次第、新しいものに変わっていき、開店時は一斉に変わる予定です。 カエルな理由は、カエルが好きなことと、カエルに象徴する農薬や化学肥料を使っていない茶畑であることを示しています。
2019/06/02
小田原駅地下街ハルネにある菜の花ムーンカフェにて 今月6月期間限定で、こゆるぎ紅茶春摘みファーストフラッシュフェアを開催頂いております。 紅茶のほかに、紅茶ゼリーなどもお楽しみ頂けます。
2019/05/21
外は激しい雨が降る日でしたね。 春摘みの紅茶の火入れ作業をしました。 一晩寝かしてから、明日の朝にテイスティングし、畑、摘んだ日、製茶方法、組み合わせ、それぞれの違いをみて 紅茶の嫁ぎ先が決まってきます。みんなよい子で、よい香りがします。 作り手としては、手塩にかけて育てた子供の巣立ちが間近な親のような心境です。...
2019/05/11
2019年春摘みの前半のこゆるぎ紅茶テイスティングをしました。 「香りがあるね!」 二人で胸をなで下ろしました。 今年は遅霜影響で芽が不揃いでしたり、芽が伸びなかったりありましたが、 昨年よりもいい出来上がりです。 仕上げ工程がまだありますが、春摘みの後半戦と夏摘みの準備へ弾みがつきました。
2018/09/25
満月に近いからでしょうか、手摘みしてから萎凋も、製茶している間ずっとよい香りがしていました。一人お手伝い頂いて2人で3時間摘んで出来た手摘みの紅茶は、150gにも満たない高級茶。販売もできない稀少な紅茶は、本当の紅茶好きの方に味わって頂きたいです。...
2017/05/08
こゆるぎ紅茶ファーストフラッシュ生産2017
2016/05/18
先週末、こゆるぎ紅茶の今年度の初生産致しました。 爽やかな香りも十分あり、上手く萎凋もいきました。 火入れと仕上げ加工を残し、味と香りが落ち着くよう少し寝かせています。 緑茶同様、仕上げと準備出来次第販売開始致します。