2020年新茶出来ました!

 

今年は、満月に摘んだ農薬不使用の茶葉で作った緑茶です。

お茶の香りが豊かです。

オンラインと店頭で販売しております。

 

こゆるぎ紅茶は、5月末頃仕上げ加工を行って6月には販売開始予定です。

TEA FACTORY 如春園OPEN

地元小田原で惜しまれつつ昨年3月30日に閉店した下田豆腐店工房の建物を受け継ぎ、3月31日(火)紅茶工房を兼ねた喫茶店を始めます。

お昼には南インドカレーのランチ、午後には小園製茶の紅茶や緑茶、世界のお茶などを提供させて頂きます。この建物の真価を発揮するのは、お茶の生産時期です。

製茶工程の傍ら喫茶ができ、希望の方には製茶体験やワークショップもできる施設になります。

 

目下、コロナ に翻弄されている私たちですが、美味しいお茶やスパイスで皆さまの免疫力をあげることに一役買うことができれな幸いです。


如春園は、安心して飲める美味しいお茶を提供してまいります。

 小田原周辺の茶畑で農薬を一切使わず、有機と無施肥栽培でお茶の樹本来の香りを大切に自然農薬や剪定の仕方など工夫しながら管理して、緑茶とこゆるぎ紅茶を生産しています。

 名前に込めた「何事を成すにも、春の光が万物を育ててゆくようにゆっくりと、あせらず、ゆたかにやっていく」という意味のように、自然の変化を見つめ、お茶の樹を育てています。

くきほうじ茶作っています

新しい焙じ機械で、茎茶のほうじ茶を作っています。

一度におおよそ500gくらい焙じて、粉を抜いて出来上がります。

焙じ具合(釜からお茶を取り出す温度)の目安が分かりました。

今年は、たくさん美味しいほうじ茶を作ります。

カフェインも少なく、夜のお茶としては最適です。

こゆるぎ紅茶2020

今年はたくさん生産しました。

毎回同じように作っているつもりでも、

平凡なものからダージリンの香りがするもの、烏龍茶のような花の香りがするもの、

ソムリエのように上手に言葉で伝えられませんが、釜ごとに個性豊かで随分違います。

満月の日の紅茶は、数年前の同じ満月の日の紅茶の香りがしました。

こゆるぎ紅茶の仕上げ加工にあと少しかかります。

5月末頃に販売開始できそうです。

緑茶の新茶も好評です。こちらはすでに販売開始しています。

 

店舗も明日15日より通常営業復帰です。

カレー屋ではなくお茶屋ですが、こよなく愛するカレーを作って皆様のお越しをお待ちしております。

まずは紅茶作りからスタート

 

店内に充満する生のお茶の香りを是非来て楽しんでくださいと言えない状況が悔しいです。

今年は満月(5月7日)に合わせるように、指標である水木の花やヤマフジが満ちつつあるように、

お茶の葉の伸び具合もそれに合わせているようです。

 

茶摘みやお茶作りのイベントの楽しみは、6月以降となってしまいました。

今年はよいお茶を作るために工房に寝泊まりして、萎凋の香りの変化を確かめてみたいと思っています。

それにしても、製茶を一緒に楽しめる方を呼べない状況が本当に口惜しいものです。

今年のお茶作りは

続きを読む

お茶苗植樹 ドローン空撮!

先日2月29日、たくさんの方々にお手伝い頂いた新しい茶畑での植樹作業を、畑仲間のお一人(ドローン操縦士:中島さん)がドローンで作業風景を上空より撮影し、編集したものを頂戴しました。

映像を拝見すると、翌日筋肉痛で大変だった記憶が蘇りました。

最後には桜に囲まれた小田原城と海が綺麗で空撮でないと見ることができない小田原の素敵な情景でした。