私たち如春園は、、、

 

【地域社会貢献】

農業が、生きがいやりがいを感じることができること、新しいライフスタイルの提案として、若い世代へのよい先例となって示したい。また、それが後継者不足や衰退する地域農業へ貢献していくことが大切だと考えています。

 

【自然を想う】

天候や業害虫など、思うようにならない自然を相手に、対策を施したり、推測したり、自然の摂理を重んじ、楽しみにながら作業しています。お茶本来の風味を活かし、人間がコントロールしようとする農薬や化成肥料は使いません。

 

【挑戦】

紅茶に不向きといわれる“やぶきた”種の秘めた可能性を極限を追い求め、ダージリのような香り高い高品質の紅茶を目指しています。一般には害虫とされるウンカ(チャノミドリヒメヨコバイ)と上手く協力して、最高のやぶきたマスカテルフレーバーをいつか必ず作ります。

 


如春園とは

 「何事を成すにも、春の光が万物を育ててゆくようにゆっくりと、あせらず、ゆたかにやっていくべきだ」という意。

 井上靖の座右の銘「養之如春」から引用したもので、自然の変化を見つめ、そのように努力して、見つけたり、作ったりして、みなさまが幸せになるような美味しいものを提供していきたいという想いです。

 

 

事業内容

如春園産の緑茶から、こゆるぎ紅茶の生産と販売を行っています。

また、茶摘み、釜炒り茶作り、紅茶作り等の体験イベント事業など