カテゴリ:茶畑作業



2020/03/22
先日2月29日、たくさんの方々にお手伝い頂いた新しい茶畑での植樹作業を、畑仲間のお一人(ドローン操縦士:中島さん)がドローンで作業風景を上空より撮影し、編集したものを頂戴しました。 映像を拝見すると、翌日筋肉痛で大変だった記憶が蘇りました。...
2020/03/01
十数名のお手伝いを頂き約2000本のお茶の苗を無事植えることができました。 皆様ありがとうございました。夜には恵の雨が降りました。 品種は3つ。 なんめい:家系にインド系と中国系の先祖を持つ暖地向けの品種。香気に特徴、病害虫に強い。 さきみどり:早生の色沢、水色に優れる緑茶品種。...
2019/01/26
米糠をサラサラと撒く作業していたところ、 ふと、隣の梅林を見上げると、穂先が赤く、つぼみが膨らんでいました。 寒波の厳しい寒さの中、ただじっと、花を咲かせる準備をしています。 確かな春の到来を感じたひとときでした。
2017/12/04
うずたかく積まれていく牛堆肥を見守るお手伝いに来てくれた友人たち。 肉体労働もいとわず汗を流してくれてありがとうございました。 トラック2台分の2トン半ある堆肥を茶畑に投入して、 お陰さまで年末の大仕事が終わりました。...
2017/10/27
台風と雨が長く続き、久しぶりの貴重な晴れ間。 なかなかできない整枝作業をしました。 今日は、ならし(整枝)作業の前段階の裾刈りで、 飛び交うスズメバチ類を避けながらの作業でした。
2017/08/23
再び戻った夏らしい残暑。 熱中症にならにように、こまめに水分補給と休憩。 3反の茶畑に、30袋の米ぬかを茶畑の畝間に撒きました。 暑さに倒れそうでしたが、土壌の微生物が活性化して病害に強くなればと願います。
2017/03/12
小田原の米穀店さんに依頼したぬかを入荷して、 早速、茶畑の畝間に粉砂糖のようにサラサラと撒いてきました。 今年も作業がこれから続きます。 今年は、茶摘みイベントや製茶体験のお問い合わせが多く、 お茶の芽の伸び具合を見極めながら、紅茶作り、イベントの日程決めていきます。
2016/12/04
奇特な方がお二人も助けに来て頂き、おかげ様で半日で堆肥入れ作業が終わりました。今年の畑での作業もひとまずおしまいです。 子供たちは毎年、裸足になって堆肥の山で楽しそうに遊んでいますが、 あと何年この光景が続くのでしょうか。 さて、来年は増えている需要へ、この冬に萎凋棚を作成し 緑茶から紅茶へほぼ完全な移行して紅茶増産を予定しています。...
2016/11/11
毎年恒例、仕事納めの堆肥入れ作業を12月3日(土)(4日(日)は雨天順延の予備日)に予定しています。 かなり重労働です。次のような方でご希望がありましたら、joshunen@gmail.comまでお知らせください。 ・奇特な方 ・ホカホカの堆肥に触りたい方 ・汗を流したい方
2016/10/02
今日は、ずっと長雨だったので久しぶりの畑仕事。 蔓や雑草などを取り除いて、手入れしました。 夏は緑色だったバッタ達が、秋の装いでご来客。 脱皮して枯れ草に合わせて変色するのか、もともと褐色の肌だったのか。 ネットで調べてみましたがよく分かりませんでした。 ■お知らせ■ 11月27日(日)小田原まちなか軽トラ市出店予定です。...

さらに表示する