2020/06/25
入梅と同時に、ウンカ(チャノミドリヒメヨコバイ)が文字通り雲霞の如く、茶畑に飛翔します。 農薬防除しない茶畑の2番茶芽は、ことごとく吸害に遭い縮れて枯れてしまいます。 でも、その芽を摘んだ茶葉で作る紅茶は、独特の香気(蜜香とも)を持つ紅茶になります。 上の写真は、酸化発酵中のもので、イベント用に摘んだ手摘みの手揉みです。...
2020/06/09
今年のこゆるぎ紅茶はとても好評です。 皆様のお陰で新しい工房での製茶となり、よりよい環境の中でよい紅茶が作れました。 上の写真は、春摘みのFlower moon-02です。満月の翌日の摘採製茶です。 ダージリンのような香りだった為、茶葉のサイズを整えず切断せず、大きい葉っぱのままです。 5分以上蒸らしてください。...
2020/05/27
小田原古城内にある新植の幼木園の苗が順調に、新芽をふきました。 コロナ禍前にたくさんの方々にお手伝いて頂いて植えた苗木です。 しばらくは雑草取りが大変ですがコツコツ通って、見守りたいと思っています。 近々、様々な特典付きの助っ人除草隊隊員募集を致します。 土を触りたい方、幼木のお世話したい方、農作業で汗を流したい方など...
2020/05/22
新しい焙じ機械で、茎茶のほうじ茶を作っています。 一度におおよそ500gくらい焙じて、粉を抜いて出来上がります。 焙じ具合(釜からお茶を取り出す温度)の目安が分かりました。 今年は、たくさん美味しいほうじ茶を作ります。 カフェインも少なく、夜のお茶としては最適です。
2020/05/14
今年はたくさん生産しました。 毎回同じように作っているつもりでも、 平凡なものからダージリンの香りがするもの、烏龍茶のような花の香りがするもの、 ソムリエのように上手に言葉で伝えられませんが、釜ごとに個性豊かで随分違います。 満月の日の紅茶は、数年前の同じ満月の日の紅茶の香りがしました。 こゆるぎ紅茶の仕上げ加工にあと少しかかります。...
2020/05/04
店内に充満する生のお茶の香りを是非来て楽しんでくださいと言えない状況が悔しいです。 今年は満月(5月7日)に合わせるように、指標である水木の花やヤマフジが満ちつつあるように、 お茶の葉の伸び具合もそれに合わせているようです。 茶摘みやお茶作りのイベントの楽しみは、6月以降となってしまいました。...
2020/04/23
一年で一番茶畑が美しい時期です。 朝陽に輝く新芽が特に美しいです。 今年は桜の開花も早く、お茶も早いとおもっていましたが、平均通り八十八夜過ぎての茶摘みとなりそうです。
2020/03/22
先日2月29日、たくさんの方々にお手伝い頂いた新しい茶畑での植樹作業を、畑仲間のお一人(ドローン操縦士:中島さん)がドローンで作業風景を上空より撮影し、編集したものを頂戴しました。 映像を拝見すると、翌日筋肉痛で大変だった記憶が蘇りました。...
2020/03/11
当初の予定では、3月22日オープンで、準備を進めておりましたが、3月31日(火)11:00にオープンさせて頂くことになりました。 コロナウイルスの影響により一部資材調達に滞りがあり、工期の延長を余儀なくされております。...
2020/03/01
十数名のお手伝いを頂き約2000本のお茶の苗を無事植えることができました。 皆様ありがとうございました。夜には恵の雨が降りました。 品種は3つ。 なんめい:家系にインド系と中国系の先祖を持つ暖地向けの品種。香気に特徴、病害虫に強い。 さきみどり:早生の色沢、水色に優れる緑茶品種。...

さらに表示する